イベント・セミナー

「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」

2009年1月17日(土)

IGDA日本ゲームテクノロジー研究会(SIG-GT)第12回研究会
「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」

概要

名称IGDA日本ゲームテクノロジー研究会(SIG-GT)第12回研究会
「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」
講演資料講演資料ダウンロード
日時2009年1月17日(土) 13:00 - 17:00 (受付 12:30 - 14:00)
主催国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) http://www.igda.jp/
定員150名
#申し込みが定員に達した場合、当日申し込みはありません
参加費2,000円(配布資料代込み)
懇親会費 :3,500円(Webでの事前登録のみ)
申し込み申し込みは以下のページからお願いいたします。
http://www.igda.jp/modules/eguide/event.php?eid=58
概要◎プログラム
13:00 - 14:00
「C/C++へのLua組み込みの実践」
□講師
浜中 誠
富士通研究所を経て、現在(有)クロムシックス代表。自社製SRPGのエンジンにLuaを採用、3Dグラフィックエンジン開発、各種ゲーム用技術開発などに携わる。
著書「スクリプト言語による効率的ゲーム開発 C/C++へのLua組込み実践」http://www.amazon.co.jp/dp/4797348550

14:10 - 15:10
「ゲーム機向けのECMA Script実装『CriScript』」
□講師
松田 白朗 (Hak Matsuda)
セガ、マイクロソフト、Microsoft corp.を経て、2006年よりCRI Middleware米国法人勤務。
Xbox360、Xbox、Dereamcast等のゲーム機開発・技術サポートを行ない、現在はマルチプラットフォーム用ミドルウェアを開発。ゲーム機向けのJavaScriptコンパイラ、実行環境"CriScript"を開発、オープンソースとして公開。
パフォーマンス最適化、グラフィクス、オーディオ、コンパイラ、SSL実装等が専門。最近はiPhoneアプリなども開発中。IGDA-USメンバ。

15:20 - 17:00
パネルディスカッション「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」
○パネリスト
秋葉晴樹(セガ)
石橋立宣(Xtal開発者、NBGI)
神尾隆司(スクウェア・エニックス)
高橋直樹(NScripter開発者)

17:15 - 18:00
コクーンタワー見学ツアー
※別途、事前申込者のみ

18:00 - 20:00
懇親会
※IGDA日本の新年会を兼ねて行います

コーディネータ 小久保啓三(HAL東京)
ページ上部へ
ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ