IR情報

個人投資家の皆様へ -CRI・ミドルウェアとは-

CRI・ミドルウェアとは

当社グループは、当社及び子会社CRI Middleware, Inc.(米国カリフォルニア州)により構成されており、ミドルウェアの研究開発と、許諾販売を主要な業務としております。また、ミドルウェアに関連する受託開発業務も一部行っております。

設立以来、主に音声・映像関連の技術を得意として研究開発を行い、ミドルウェア製品ブランド「CRIWARE(シーアールアイウェア)」として様々なエンターテインメントやビジネス分野に展開しています。CRIWAREのロゴマークは、音声と映像を象徴するスピーカー と ディスプレイ をモチーフとしています。

製品と提供分野

当社グループは、主力製品として、音声関連ミドルウェア、映像関連ミドルウェア、ファイル関連ミドルウェア、及びグラフィック関連ミドルウェア等を、以下の分野に提供しています。

ゲーム分野
● 家庭用ゲームソフトを対象としたミドルウェアでは、日本の主要ゲーム開発会社各社に使用されております。
● スマートフォン向けミドルウェアでは、近年、ネイティブアプリ(*)の増加に伴ってミドルウェアの需要が高まり、採用数が増えております。

注:(*) ネイティブアプリ・・・ダウンロードして使用するアプリ。スマートフォン本体で演算処理を行う。家庭用ゲーム機に近いクオリティのゲームが制作できるが、開発には高い技術が必要。これに対しフィーチャーフォンからの流れをくむ「ウェブアプリ」は、原則としてアプリのダウンロードが不要。サーバー側で処理をした結果をスマホのブラウザで表示する仕組み。開発はネイティブアプリ開発に比べやや安易。リッチな表現のゲームは作りにくい。

遊技機分野
● 遊技機メーカーにミドルウェアを提供するだけでなく、遊技機向けのチップやボードを製造するハードウェアメーカーにミドルウェアを供給し、当該ハードウェアメーカーから各遊技機メーカーに供給するというビジネスも行っております。
● 特定メーカーのハードウェアに当社ミドルウェアをカスタマイズする受託開発業務や、遊技機メーカーに開発支援ツールを提供する受託開発業務なども行っております。

新規分野
近年、音声・映像技術が、様々なエンターテインメントやビジネス分野でも必要とされ始め、家電、ヘルスケア機器、カーエレクトロニクス、OA 機器、産業機器など、組込み機器(*)の分野で音声や映像のガイダンスやナビゲーションの需要が高まっております。

①家電・業務用機器
音声や映像インタフェースが必要とされる分野に事業展開を始めております。
家電等で使われる限られた性能のCPU 向けに、当社の負荷の軽い音声・映像圧縮技術を提供しております。
②医療・ヘルスケア分野
製薬会社等に対し、エンターテインメント分野で培ったノウハウと技術を駆使したUI/UX(ユーザーインタフェース/ ユーザーエクスペリエンス)の営業支援ツールを開発し、提供するビジネスを行っております。その他、医療・ヘルスケア周りでスマートフォンやタブレットを使用し、当社技術が活かせる分野に事業展開を試行しております。
③その他
ライブ中継や動画配信などで需要が高まるネットワークを活用した映像配信分野にも、当社の映像圧縮技術を活かした事業展開を進めております。

注:(*)組込み機器・・・家電製品や産業機械など、特定の用途に向けて設計され、ソフトウェアを用いて制御される機器の総称。

ページ上部へ
ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ