お知らせ

インテル公式サイトの「Case Study」に、CRIWAREのIntel x86対応に関するインタビュー記事が掲載されました。

スマートフォンゲーム開発向けCRIWAREは、インテル社CPU Intel x86が搭載されたAndroidスマートフォンに対応しています。
これに関するインタビュー記事が、インテル公式サイトの「Case Study」に掲載されました。

ケーススタディ:CRI・ミドルウェアがAndroid端末用ミドルウェアのIntel x86対応を実施

概要
インテル® Atom™ プロセッサー搭載Android端末が普及し始め、対応アプリケーションも続々と登場しています。ミドルウェア大手の株式会社CRI・ミドルウェア(以下、CRI)は、インテル® Atom™ プロセッサー搭載Android端末向けのゲームを中心としたアプリケーション開発者のニーズに応えるため、Android端末向けミドルウェアのランタイム・ライブラリーのx86対応を実施しました。x86対応は、Android NDKでmakefileのビルド設定変更と、ARM NEON命令の置き換えの2ステップだけで終了しました。Android端末向けミドルウェアのランタイム・ライブラリーのx86対応には、ユニティ・テクノロジーズが開発したゲームエンジンであるUnity用プラグインの対応が含まれているため、Unityを利用するゲーム開発者も、Android NDKでビルドのターゲットをx86フォルダーに設定するだけで対応が可能になります。


記事全文は以下にてご覧いただけます。
インテル公式サイト(英文のみ)
Case Study: Implementing Intel® x86 Support for Android* with CRI Middleware

ページ上部へ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ