「CRI Sofdec2」 for Consolegame

CRI Sofdec2は、高画質・高機能のムービー再生システムです。ハードウェアの性能を最大限に引き出し、ムービー再生とゲームプレイの融合を実現します。クロスプラットフォームに対応し、複数プラットフォームでの開発をよりスムーズにします。
※ PSP®、 ニンテンドーDS®向けにはADX2と協調動作する「Sofdec」を用意しております。詳細はお問い合わせください。

対応プラットフォーム :
PlayStation 4
Xbox One
Wii U
PlayStation Vita
ニンテンドー3DS
PlayStation 3
アーケード
PC

「CRI Sofdec2」 for Consolegame の特長

1.クロスプラットフォーム対応

CRI Sofdec2の独自コーデックに加え、プラットフォーム固有のコーデックの再生にも対応しています。再生のためのプログラムを共通化でき、クロスプラットフォーム開発時にハードウェアの違いを意識する必要がなくなります。 また、必要とされる画質・圧縮率・機能などに合わせてコーデックを選択できます。

2.ゲームを多彩に演出するエフェクトムービー

独自コーデックにより、ゲームにムービーを重ねたリッチな演出(α値付の動画再生や、テクスチャへの動画貼り込みなど)を容易に実現します。ムービーを使用することで、データ容量を抑えた特殊効果が可能になります。

● αムービー自体にαチャンネル(透明度)情報を持たせることができます。ゲーム画面とムービーとのα合成により、違和感のない合成表示が可能となります。

● テクスチャムービーの再生結果をポリゴンのテクスチャとして貼り込むことができます。

3.ウィザード形式で使いやすいエンコードツールを提供

グラフィカルなユーザインタフェースで使いやすいエンコードツールを用意しています。ウィザードに従ってプラットフォームや目標とするファイルサイズを指定していくだけで、その条件に最適なパラメータが自動で設定されます。コンソール版も用意しており、バッチファイルによる複数データのエンコードも行うことができます。

4.高圧縮・高音質のサウンドコーデック「HCA」に対応

CRI ADX2の高圧縮・高音質な独自コーデック「HCA」に対応。同等の圧縮率を持つコーデック(MP3、AACなど)と比べて極めて低いCPU負荷でサウンド再生を実現します。

5.5.1chオーディオトラックのサポート

ムービーに5.1chのオーディオトラックを格納することができます。
同時にステレオの音声トラックも持たせることができ、ゲームユーザのサウンド環境(ステレオ、5.1ch)に合わせて切り替えることができます。

価格

■パッケージ販売タイトル向け料金体系(PDF・609KB)

■ニンテンドー3DS パッケージソフト向け料⾦体系(PDF・175KB)

■F2P(基本無料・アイテム課金)タイトル向け料金体系(PDF・69KB)

■Steam向け料金体系(PDF・158KB)

その他、月額サービスやデジタルサイネージでの利用など、上記に当てはまらない販売形式のアプリでCRI Sofdec2を使用いただく場合は、別途ご相談ください。
(1案件あたり90万円~)

※スマートフォン向けはこちら

商標表示規定

ミドルウェア採用タイトルに、CRIWAREのロゴを表示いただいております。
表示いただく場所、方法を規定にて定めております。
ロゴのデータ取得、およびプラットフォームごとの商標表示規定は下記にてご確認ください。
CRIWARE商標表示規定

製品版の無償試用

CRI Sofdec2は、製品版を無償で試用いただけます(法人企業様のみ、サポートも対応しています)。
実際に販売・配布される製品への採用が決まり次第、有償となります。
試用は下記フォームからお申し込みください。

試用の申し込み

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ