製品情報

導入事例

アイ★チュウ イメージ画像

男性アイドルたちのボイスと楽曲を“高音質”で表現するために…話題沸騰の恋愛リズムADV『アイ★チュウ』の開発舞台裏に迫る

プラットフォーム

iPhone/iPad Android

導入製品

CRI ADX2

2015年6月10日インタビュー
1 2 次のページ

——:サウンドの開発についてさらに詳しくお聞きしたいと思います。そもそも、アプリの開発はどれほどの規模だったのでしょうか。

伊藤:開発初期は、企画の私とプログラマーのふたりで、リズムゲームまで遊べる施作版を制作しました。その後、増員されて、現在では企画が8人、プログラマーが5人、デザイナーが4人となっています。開発期間は10ヵ月ほどです。

——:なるほど。先ほど伊藤さんからも『アイ★チュウ』の「音」周りに関する魅力を伺いましたが、そのサウンドを調整・実装するにあたり、「CRIWARE」を採用した理由を教えてください。

井澤:今回のタイトルでは「CRIWARE」のサウンドミドルウェア「CRI ADX2」(※1)を使用しているのですが、じつは、以前弊社の手掛けたタイトルで「CRIWARE」を使用したことがありました。

その際すんなり実装できて、かつ効果的だったので、その実績を鑑みて本作でも使用することにしました。また、実際組込みまであまりコストをかけず出来ましたので、そのまま使用しています。

(※1)「ADX2」:高度なサウンド演出から細かい音の調整までツール上で直感的に行える統合型サウンドミドルウェア。最先端のゲーム制作のニーズ・ノウハウを反映している。独自開発の音声圧縮機能を持ち、音質の良いボイスやBGMなどを豪華に使ったアプリが実現可能。低レイテンシモード、音声再生遅延推測機能等、Androidの遅延対策にも対応している。

——:ADX2では、Android専用に再生レイテンシを優先させるモード(低レイテンシモード)を搭載しているとお伺いしたのですが、こちらはリズムゲームパートで使用されましたか。

井澤:使用しています。というのも、開発当初にAndroidとiOSで動作確認したところ、Androidだけ違和感があるほどタップ音に再生遅延がありました。ですが、ADX2導入後に調整したところiOS端末と遜色ないほどのクオリティをAndroidでも実現できました。


——:最終的にツール上でオーディオバランス調整などもされると思いますが、こちらは社内でやられたのですか。

井澤:はい、社内に専属担当がおりまして、外部の方が手掛けた楽曲やSE(効果音)などは、ADX2のサウンドオーサリングツールで調整していきました。弊社は音回りの知見が乏しかったのですが、担当者と共にADX2の制作ガイドで勉強しながら進めていっても、問題なく取り入れることができました。


——:ボイスや楽曲といったサウンドの容量もボリュームありますが、コーデックや圧縮率設定はどのように設定されましたか。

井澤:最終的にADX2の独自サウンドコーデックHCA(MP3・AAC相当の圧縮率で、低負荷)を使用しました。当然、本作のメインとなる楽曲とボイスは高品質で設定、その他BGMやSEに関しては高音質と比較して劣化せず、なおかつ容量が半分に抑えることができるため、中品質から高圧縮で設定しています。

10曲以上の楽曲+27人分のボイス、かつダミーヘッドボイスがあるうえ、今後も拡張されることを想定したときに、容量の問題で結構ヒヤヒヤしたものですが、結果的にHCAを使用したことで、当初の見積よりも三分の一から四分の一ほどになりました。


——:リズムゲームパートでは、BGMやSEのなかで、キャラクターのボイスも入るかと思います。これらのボリュームバランスも気にしながら制作されているのでしょうか。

井澤:そうですね。きちんとリズムゲーム中でもボイスが聞こえるようにスクリプトを書き込んだり、オンメモリとストリーミングを使い分けて複数音が流せるよう調整しています。おかげさまでリズムゲームパートは、本当に賑やかになっています(笑)。

伊藤:社内でもリズムゲームをテストプレイしているのですが、いたるところで楽曲と共にキャラクターたちのボイスが聞こえてきます(笑)。



——:それは楽しそうですね(笑)。それでは、最後に『アイ★チュウ』の今後の展望も含めて、「Social Game Info」読者にメッセージをお願いします。

井澤:キャラクター、リズムゲーム、恋愛ストーリー、ホーム画面にいたるまで…すべてにおいて抜かりなく手掛けましたので、本当に楽しめると思っています。女性向け恋愛アドベンチャーとリズムゲームを組み合わせたのは、これまで無かったタイトルのため、ぜひ『アイ★チュウ』を体験して、楽しんでいただければ幸いです。

伊藤:“乙女ゲーム”と謳っているだけあり、多種多様な要素を盛り沢山に取り入れています。恋愛ストーリーはもちろんですが、なかでも声優さんが雰囲気ある台詞を耳元で囁いてくれる「ダミーヘッドボイス」は何よりも魅力となっています。また、女性向けのリズムゲームにおいて、初期リリースから16曲も遊べるボリュームになっております。全部聴けるまで存分にお楽しみください。

弊社初のオリジナルタイトルのため、今後はゲームだけにとどまらず、イベントやCDなどのグッズ展開といった、多角的な取り組みを行い『アイ★チュウ』というIPを育てていきます。


——:本日はありがとうございました。

※当ページでは、ゲームニュース&コミュニティサイトSocial Game Infoにて掲載された記事をご紹介しています。

導入製品

CRI ADX2

1 2 次のページ
ページ上部へ

最新採用タイトル

銀魂乱舞

銀魂乱舞

ストリートファイターV アーケードエディション

しあわせ荘の管理人さん。

大神 絶景版

イベント・セミナー

2018年1月24日(水)~26日(金)

Web販促EXPO

2018年1月17日(水)~19日(金)

自動運転 EXPO

2017年11月15日(水)〜17日(金)

Embedded Technology 2017/組込み総合技術展

2017年10月28日(土)

CEDEC+KYUSHU 2017

最新導入事例

ニュースリリース

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ