製品情報

導入事例

ドルビー日本支社インタビュー イメージ画像

ドルビー日本支社インタビュー
ゲームに迫力と臨場感を与える立体音響テクノロジー
ゲーム開発におけるドルビーとミドルウェアの役割に迫る

プラットフォーム

 

導入製品

 

2003年11月12日インタビュー

マルチチャンネル化と「WAF」

司会: ドルビーさんの今後の展望について教えて下さい。

ジョン: 最近、5.1ch、6.1ch、7.1ch、…というように、マルチチャンネルのチャンネル数ばかりが増加し続けている傾向にあります。しかし、ドルビーは多チャンネル化がより良いサウンド環境にとってベストの方向とは考えていません。第一、これ以上チャンネル数が増えていったら、部屋がスピーカーだらけになってしまいますからね(笑)。

一同: ハハハハ(笑)。

ジョン: ただ、マーケットでは実際に7.1chがそれなりに売れている。それならこれらの環境にピッタリな技術を提供しよう、ということで発表したのがドルビープロロジックIIxなんです。この技術は、5.1chドルビーデジタルをマトリックス処理で7.1chで再生することができ、さらに、ステレオやプロロジック、プロロジックIIコンテンツも7.1chで再生することのできるシステムです。

押見: 先ほど聴かせて頂きましたが、素晴らしい音の遷移感ですね。…でも、7.1ch環境を用意するのは結構大変そうですね。

ジョン: はい、確かに。ただ、先ほどもお話した通り、ドルビーとしてはこれ以上のマルチチャンネル競争には否定的ですから、安心して下さい(笑)。

郷原: 本当ですかねぇ(笑)?

ジョン: 弊社マーケティングの考え方の一つに、「WAF」という視点があります。

郷原: WAF?

ジョン: はい。「Wife Acceptability Factor」の略です。分かりやすく言えば、「奥さんが容認可能かどうかの要素」です。

押見: ほぉ…、それは確かに重要なファクターですね! 部屋中がスピーカーで埋め尽くされたり、際限なくスピーカーが増えていったら、奥さんに当然怒られてしまいますよね(笑)。つまり、これ以上のマルチチャンネル化は「WAF」的に難しい、ということですね?

ジョン: そうです。ですから、安心して頂きたいと思います。

郷原: わかりました(笑)。

ページ上部へ

最新採用タイトル

キャサリン・フルボディ

キャサリン・フルボディ

JUMP FORCE

JUMP FORCE

龍が如く4 伝説を継ぐもの

イベント・セミナー

最新導入事例

ニュースリリース

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ