Yahoo! JAPAN主催のハッカソンイベント「Hack Day 2016」の 「VRスペシャル企画」にCRIの高画質VR動画再生技術が 採用されました!

CRIの高画質VR動画再生技術が採用された「VRスペシャル企画」が展示される!とのことで、2月13日(土)~14日(日)に開催されたYahoo! JAPAN主催のハッカソンイベント「Hack Day 2016」に見学に行ってきました!
ハッカソンとはプログラマーやデザイナーが集まって開発を行うイベントです。「Hack Day」はYahoo! Inc.では2005年から、Yahoo! JAPANでは2007年から続いており、日本では最大規模のハッカソンイベントだそうです。13日(土)は開発日、14日(日)は作品のプレゼンテーション&展示が一般公開されました。会場は時事ネタを盛り込んだ面白いものから思わず唸ってしまう実用的アイデアまで様々な力作でにぎわっていました。

■「2.9次元を体験」とは!?
そんな中、多くの熱視線を集めたのがスペシャル企画「VR バレンタイン」!なんとあのかわいい人気女性タレントとのバレンタインデートがVRでリアルに体験できてしまうという夢の企画です。発表時にはニュースサイトでもかなり話題になったようですよ。開発は数々のインタラクティブコンテンツ制作を手掛ける博報堂アイ・スタジオさまです!
本企画は「2.9次元」の体験を謳っています。2.9次元とは現実(=3次元)に限りなく近い感覚!を表した言葉とのこと。VRでの視覚体験はもちろん、匂いや吐息を感じることができるなど、五感をフルに使って楽しめるリアリティにこだわりぬいた「2.9次元」コンテンツとなっているそうです。そんな「VR バレンタイン」のリアリティの追及にCRIの技術を使っていただいたとのことで、体験しに参加したのでした。

会場入り口近くにどっしりと構えられた体験ブース。黒い壁で覆われていて中の様子をうかがうことはできませんが、待機列に向けられたモニタには体験者のドキドキ具合を数値化した「キュンキュン度」と体験中の様子が映し出されています(モザイク有りなのでにやけても安心。ありがとうございます!)。ブースには3つの個室が用意されていて、案内された先にはPCとVR用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)が。HMDを装着し、手渡されたヘルメットをかぶり準備完了です。いよいよ、わくわくドキドキの体験です!

デート中

■思わず照れてしまう驚きのリアリティ!
体験した感想は「リアル過ぎ」の一言!場所は彼女の部屋でしょうか、人気女性タレントがちょこんちょこんと動き回りながら近づいたり離れたり甘えた声で話しかけてきたりと、彼女の一挙手一投足に同性ながらかなり照れてしまい、ガイドさんの目もはばからず相当にやにやしてしまいました。ふんわりとした部屋の空気感や彼女の髪の質感まで見て取ることができ、まさに2.9次元!
そしてこのリアル感の実現に役立てていただいたのが「CRI Sofdec2 for VR」です!360度の全天球動画を4Kの超高解像度で再生し、違和感のない"現実"を作り出しています。「VR バレンタイン」の様な実写のコンテンツでは特に画質は重要で、ユーザーに違和感を持たせてしまう映像のカクツキや画質の粗さは「没入感」や「臨場感」の妨げとなってしまいます。今回の企画は「2.9次元」のリアリティが最も重要なアピールポイントですので、実写の映像をきれいなままで空気感も再生できてしまうCRIの高画質VR動画再生技術がお役にたてたとのことです!うれしい!
また映像のつなぎ目を感じさせないCRI独自の再生技術により、自分のまわりをあちこち動き回る彼女を目で追った時にも映像のズレを感じることなく、しっかりデートを楽しみきることができました。

他の仕掛けとの相乗効果もバッチリで、特に「匂い」は彼女が近付いたときに強く香るなど本当に目の前に居るかのような気分でした。
最後にチョコレートをポンと膝の上に置く彼女。それと同時に現実の膝の上にも何かがのせられた感覚が・・・。まさかっ・・・!!!

帰り道、カバンの中には彼女からもらったチョコレートがあるんだと思うと、妙な優越感に満たされていたのでした。
今回の体験で新しいVRの楽しみ方を知り、CRI広報担当としてはもちろん、個人的にもVRコンテンツの未来がより一層に楽しみになりました。

取材・文:広報担当 イセダ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ