会社情報

ニュースリリース

2007年8月8日

CRI・ミドルウェア、DS向けファイル圧縮・展開技術を開発
コスト削減を手軽に『ファイルマジック for NINTENDO DS』

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木久司、以下CRI)は、2007年8月8日、任天堂株式会社の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS®」向けに、ゲーム開発コストを手軽に削減するための独自のファイルシステム『ファイルマジック™ for NINTENDO DS®』(以下『ファイルマジック™』)の提供を開始致します。

『ファイルマジック™』は、ゲームに使用されるグラフィックスや3Dデータ、テキストやプログラムコードなどのさまざまなデータを圧縮することによりROM容量を削減します。また、大量のファイルをパッキングすることにより、煩雑になりがちなファイル管理を大幅に効率化します。

ファイルマジック for NINTENDO DS

『ファイルマジック™』は、各ファイルの種類や特性を個別にチェックし、全体として最小のサイズとなるよう自動的に圧縮およびパッキングを行います。これにより、さらに小容量のニンテンドーDS専用カードへ切り替えることが可能になりますので、DS用ソフトの製造コストを削減できるようになります。(図1参照)

ファイルマジックによる圧縮&パッキング

図1. 『ファイルマジック™』による圧縮&パッキング

『ファイルマジック™』は、圧縮ファイルの展開手法にも独自のノウハウを採り入れております。従来型の一般的な展開手法では、圧縮ファイルを一時的に読み込むための「ワーク領域」の確保が必要で、これがシステムメモリを圧迫し、またフラグメンテーション(断片化)の原因ともなっていました。今まで圧縮技術の導入が難しかった理由もここにあります。

『ファイルマジック™』は、独自の展開技術『Majik-Decomp™(マジック・ディコンプ™)』を搭載し、ワーク領域を必要としない展開処理を実現しました(図2参照)。貴重なシステムメモリを圧迫しないばかりでなく、CPUの空き時間にバックグラウンドで展開処理を行うため、ゲーム本体には負担をかけません。

『ファイルマジック™』を使用すれば、トレードオフとなるデメリットを一切気にすることなく、欲しかった「圧縮機能」を手軽に手に入れることができます。

ワーク領域不要の独自展開技術『Majik-Decomp』

図2. ワーク領域不要の独自展開技術『Majik-Decomp™』

『ファイルマジック™』は、従来実現が困難であった音声ストリーム再生中のデータ読み込みに対応(※1)しています(図3参照)。音声をストリーム再生しながら、いつでも任意のタイミングで画像やテキスト、プログラムなどのさまざまなデータを読み込むことができます。『ファイルマジック™』は、データ読み込み時の音声の途切れや、読み込み遅延の悩みからゲーム開発者を解放します。

(※1)音声ストリーム再生には、DS専用の音声再生システム『救声主®』が別途必要です。

音声ストリーム再生中の各種データ読み込み

図3. 音声ストリーム再生中の各種データ読み込み

ほかにも、『ファイルマジック™』にはさまざまな特長があります。

『ファイルマジック™』の特長

  1. 一瞬でROM容量を削減!手軽にコストダウン
  2. 貴重なメモリ上のリソースを最大限に活用可能!
  3. 音声再生中、いつでも「データ読み込み」可能!

  • エクセルで「1クリック」圧縮&パッキング
    (1)コマンドライン版、(2)オリジナルGUI版、(3)エクセル(Excel)版の3種類のツールからお好みのものを選べます。エクセル版のVBAマクロを、すでにお使いのワークシートに組み込んで使用することも可能です。
  • 圧縮を意識させないファイル読み込みインタフェース
    ファイル読み込み時、各ファイルが圧縮されているか否かをプログラマが意識する必要はありません。自動的にバックグラウンドでファイルを展開します。
  • PC用ランタイムもご用意
    DS用のランタイム(プログラム実行用モジュール)だけでなく、PC用のランタイムもご用意しています。毎回わざわざDSに組み込まなくともPC上で手軽に動作を確認できます。



このように、『ファイルマジック™』はすべてのDS用ソフト開発者のための、まったく新しいファイルシステムです。DS用ソフトのROM容量を、そしてその製造コストを、まさにマジックのように「一瞬」で削減します。

組み込みやすいシンプル設計ですので、これから開発プロジェクトがスタートするという方も、もうすぐマスターアップという方も、今すぐにお使いいただけます。どうぞお気軽に、まずは、すでに発売済みのタイトルでその効果をぜひお試し下さい。

なお、『ファイルマジック™』の価格は37万円です。(一括固定料金、国内販売/商標表示の場合。税別。)

CRI・ミドルウェアは、多彩なツール&ミドルウェア製品群『CRIWARE®』を通じて、開発工数削減やコスト削減、クオリティ向上のお手伝いを致します。また、開発者の皆さまがコンテンツの中身の創造・制作に専念して頂けるような環境の実現をお約束致します。

※ NINTENDO DS、ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。
※ Excel、エクセル、VBAは、マイクロソフト社の登録商標または商標です。
※ CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「ファイルマジック」、「FILE MAJIK」、「救声主」、「Majik-Decomp」、「マジック・ディコンプ」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの登録商標または商標です。

ページ上部へ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ