会社情報

ニュースリリース

2016年11月9日

CRI、ブラウザゲーム向けに新ミドルウェア「CRI ADX2 for ブラウザ」を提供開始
採用第1弾にスクウェア・エニックス「乖離性ミリオンアーサー PC版」

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:押見正雄、東証マザーズ:証券コード 3698、以下CRI)は、ゲーム開発向け統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX®2(以下ADX2)」を ブラウザゲーム開発向けに対応した新ミドルウェア「CRI ADX®2 for ブラウザ(以下ADX2 for ブラウザ)」の提供を開始いたしました。
ADX2 for ブラウザは、マルチプラットフォーム展開や豊かなサウンド演出をサポートするサウンドミドルウェアとして数多くのタイトル開発に採用されているADX2を、新たにブラウザゲーム向けに最適化した製品です。昨今、新たなゲーム市場として、PCからゲームページにアクセスするだけでプレイできる手軽さでブラウザゲームが注目されています。CRIはADX2の対応プラットフォームを従来のスマートフォンや家庭用ゲーム機に加えてブラウザにも拡充し、高品質なブラウザゲームの開発を強力にサポートします。

ADX2 for ブラウザを採用したタイトル第1弾は、株式会社スクウェア・エニックスより配信されているキャラクターコマンドRPG「乖離性ミリオンアーサー®」のPC版です。すでにiOS、Android、PlayStation®Vita、PlayStation®4にマルチプラットフォーム展開している人気ゲームですが、さらにユーザー層を拡げるために、この度PC版がリリースされました。PC版とスマホ版のデータ連携を可能にし、自宅ではPC、外出時はスマホと、デバイスを使い分けて同じゲームをプレイできることが特長です。
ADX2 for ブラウザは、すでにADX2を使って開発されていた「乖離性ミリオンアーサー®」をPCブラウザに展開する際のプログラムやデータを変換するコストを大幅に軽減し、スムーズかつスピーディなPC版開発をサポートしました。

CRI ADX2 for ブラウザの特長
・Unity WebGLに対応
ゲームエンジンUnityの WebGL(※)出力に対応しています。Unityで開発されたゲームタイトルのブラウザゲーム移植を容易に実現します。
※ブラウザ上で3Dグラフィックを表示させるためのシステム

・ブラウザを含むマルチプラットフォーム展開を強力に支援
スマートフォンや家庭用ゲーム機、アーケード、PCなど幅広い機種に対応しており、コンテンツのマルチプラットフォーム展開を強力に支援します。

・大量のサウンドデータを効率的に管理し、豊かなサウンド演出を実現
DAW感覚で使える直観的なインターフェースのオーサリングツールによって、BGM、SE、ボイスなどの大量のサウンドデータを効率的に管理することができます。また、BGMの自然な切り替えやユーザーの操作と連動した効果音など、ゲームに必要なサウンド演出もツール上で手軽にデザインできます。

高画質・高品質ムービー再生システム「CRI Sofdec®2」についても順次対応を予定しています。


CRI・ミドルウェアは、多彩なツール&ミドルウェア製品群「CRIWARE」を通じて、開発者の皆様が創る驚きや感動の表現をサポートするとともに、事業拡大や開発効率化にも貢献してまいります。


© 2014-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※ Androidは、Google Inc.の登録商標または商標です。
※「PlayStation」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」は、
日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


本リリースに関するお問い合わせ先

担当:尾沢、伊勢田
E-mail: press@cri-mw.co.jp
URL: http://www.cri-mw.co.jp/

ページ上部へ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ