CRI DietCoder

画質劣化なく、動画データ1/2圧縮

CRI DietCoder(ダイエットコーダー)は、H.264 やMP4等の動画フォーマットで圧縮されている動画データを、さらに画質劣化なしで1/2に圧縮するソフトウェアトランスコーダーと、圧縮劣化の有無を即時検出する画質評価システムからなる、トランスコードシステムです。

CRI DietCoderの特長

1.通信コストを1/2に削減

動画のストリーミング再生やアップロード、ダウンロードなどの通信にかかるコストを1/2に削減できます。
月間200TBの通信料があった場合の通信費の変化は以下の通りです。

2.ストレージ容量を1/2に削減

動画の保存に必要なストレージ容量を半分に削減できます。データ容量の大きい4K動画やVRムービーをコンパクトに管理することができます。

3.圧縮劣化の有無を即時検出

トランスコード後の動画データは画質検証が行われます。この検証作業は視認に頼ることが多く、多大な作業時間と負担がかかっています。
CRI DietCoderはトランスコードと同時に画質を数値化することで、劣化有無の即時検出を可能にしました。
画質をグラフ化することで劣化箇所や劣化具合をすばやく発見でき、検証にかける時間を大幅に削減できます。

CRI DietCoderによる画質の検出結果例

CRI DietCoderによる画質の検出結果例

圧縮動画の画質比較

画質劣化の無い圧縮を実現し、データサイズが半減しても目視で画質の差を感じることはありません。
※クリックで拡大表示

動画で比較する

・CRI DietCoder/元映像 比較
・CRI DietCoder/他ツール 比較
  
・CRI DietCoder/他ツール 比較

対象顧客例

・映像配信サービス(VOD、カラオケ)
・映像制作会社・ポストプロダクション(VR映像、CM映像)
・ビッグデータとして大量の動画データを取り扱う業界(監視カメラ、ドライブレコーダ)
・アプリ開発(家庭用ゲーム、スマートフォンゲーム)
 など

製品仕様

入力ファイル形式 MP4(H.264+AAC)、MPEG-2 TS(H.264+AAC)、AVI、MOV、MPG、Y4M、連番静止画ファイル群 テレビ放送、VOD配信で使用されるファイル形式はもちろん、ゲーム、動画広告用ファイル形式まで幅広く対応しています。
出力ファイル形式 MP4(H.264+AAC)、MPEG-2 TS(H.264+AAC) テレビ放送、VOD配信、ケーブルテレビ放送に必要なファイル形式・規格に対応しています。
対応規格 ARIB、HLS
対応OS Windows
(Linux、Mac対応については応相談)
サーバーへの組込みからクライアントPCでの使用まで、各社のワークフローに合ったかたちで組み入れてお使いいただけます。
UI コマンドライン 今後GUIやWEBシステムにも対応予定です。
画質評価 SSIM評価方式で画質を数値化 人間の視覚認識に沿って画質を評価するSSIM方式を採用しています。

試用版申込み

CRI DietCoderを無償で試用いただけます(法人企業様のみ対象です。サポートも対応しています)。
下記フォームよりお申し込みください。
http://www.cri-mw.co.jp/dietcoder_demo.html

関連情報

CRIのエヴァンジェリスト 幅朝徳による、インサイド、GameBusiness.jpで連載中のブログ『ありがとう、ブラックボックス!』にて、動画のトランスコードについての説明やCRIのトランスコード技術についての記事を掲載しております。

【ありブラ vol.27】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その1)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/11/20/11639.html

【ありブラ vol.28】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その2)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/12/04/11691.html

【ありブラ vol.29】意外と知らない!?「トランスコード」でビジネスを成功に導く秘訣とは?(その3)
http://www.gamebusiness.jp/article/2015/12/18/11736.html

製品パンフレット

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ