CRI DietCoder for セキュリティカメラ

圧倒的な画質、動画ダイエット

CRI DietCoder(ダイエットコーダー) for セキュリティカメラは、見た目の画質劣化なしで動画データを圧縮できるソフトウェア高圧縮トランスコードシステムです。セキュリティカメラシステムに導入いただくことで、動画データを1/2~1/3に圧縮します。長時間の録画や狭帯域でのデータ伝送が可能になります。

CRI DietCoder for セキュリティカメラの特長

画質劣化なく、動画データを1/2~1/3に圧縮

DietCoderは、画質劣化なく動画データを1/2~1/3に圧縮できるため、より長時間の録画や、より狭帯域でのデータ伝送が可能です。

ファイルサイズを削減

ファイルサイズ削減により映像の伝送・保存・管理コストを削減、効率向上

処理時間を短縮

膨大な録画データを分析・解析する際の処理時間を大幅に短縮

アドオン導入に対応

稼働中の監視カメラシステムにもアドオンで導入が可能

お問い合わせ

数字で見る圧縮効果
DietCoder圧縮例
※最高画質設定(1080p)でご覧ください。

セキュリティカメラへのDietCoder導入イメージ
DietCoderは、カメラの機種やシステムのワークフローに依存せず、あらゆる機器・システムに柔軟に導入可能です。追加の設備投資やワークフローの組み替えなしで、既存のシステムにDietCoderを導入することができます。

お問い合わせ

採用事例

海外拠点工場の生産状況を日本からリアルタイムで遠隔監視
株式会社日立ハイテクノロジーズ
株式会社日立ハイテクノロジーズの、海外拠点工場の生産状況をネット経由で日本からリアルタイムで遠隔監視できる「スマートファクトリー事業」のコア技術にDietCoderが採用されました。
従来のシステムのような単なる遠隔監視ではなく、映像データを「小さく・軽く」処理するDietCoderをフル活用することで、圧倒的な「使いやすさ(管理運用のしやすさ)」、および大容量データである映像がネットを経由することで肥大化する「映像送出コストおよび映像伝送コスト」の大幅削減を可能にします。映像品質はもちろん、映像の伝送・保存・管理、そして閲覧や分析など、生産拠点工場の遠隔監視を「まるで現地にいるかのようなUX(ユーザー体験)」で行える仕組みを提供します。

2017年3月2日 ニュースリリース
CRIと日立ハイテクがスマートファクトリー向けIoTインフラ構築で提携
監視カメラ映像極限まで「小さく・軽く」、CRIの動画技術で実現
医療動画を1/2に圧縮、画像ファイリングシステムに採用
株式会社ファインデックス
日本の国公立大学病院の7割以上のシェアを持つ、株式会社ファインデックスの画像ファイリングシステム「Claio(クライオ)」に、DietCoderを搭載した画像ファイリングシステムが採用されています。
従来は実現できなかった長時間録画や高速な映像転送によるスムーズな動画再生を可能にし、検査機器1台の画像データから大規模病院にある各診療科の自科検査のトータルファイリングまで、幅広い画像ファイリングを実現します。

2016年12月19日 ニュースリリース
CRI、ファインデックスと医療動画管理分野で戦略的提携
医療動画を1/2に圧縮、画像ファイリングシステムの提供を開始

動作環境/製品構成

動作環境
対応OS Windows7 / Windows8.1 / Windows10
入力ファイル形式 MP4(H.264+AAC) / MPEG-2 TS(H.264+AAC) / AVI / MOV / MPG / Y4M / 連番静止画ファイル群
出力ファイル形式 MP4(H.264+AAC) / MPEG-2 TS(H.264+AAC)


製品構成
製品構成 ・トランスコードソフトウェア(コンソールツール)
・エンコードパラメータプリセット一式
・画質評価システム

関連リンク

パンフレット

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ