Terafence Vsecure™(CRI DietCoder搭載)




 近年、IoT に関するアプリケーションやデバイスの普及により、サイバー攻撃やハッキングによるリスクおよび脆弱性の問題が深刻化しており、以下の市場規模予測のようにサイバーセキュリティへのニーズが⾼まっています。
 『Terafence Vsecure™』は、重要インフラと同等のセキュリティ環境を物理層で実現するIoTサイバーセキュリティソリューションです。

セキュリティ機能

・サイバー攻撃からの確実な防御

 IoTに関するアプリケーションやデバイスの急速な普及により、ビルマネージメントサービス(BMS)、産業システムおよび重要インフラに対するサイバー攻撃が飛躍的に増加することが見込まれます。
 このような脅威から十分にプロテクトされていないIoTシステムは、重大な物理的損失、風評被害および経済的被害をもたらします。

(出所:マカフィー「Economic Impact of Cybercrime - No Slowing Down」)

 TCP/IPプロトコルそのものには、セキュリティに関する機能はないため、一般的なサイバー攻撃に利用されています。
 「Vsecure」は、IoTデバイスがTCP/IPベースの攻撃にさらされるリスクを排除し、ビデオ映像の不正な視聴を防ぎます。

・オリジナルの片方向通信アーキテクチャによる物理層での方向制御を実現

 


「Vsecure」は、IoTデバイスが外部から不正にコントロールされたり悪用されることのないよう、データが伝送される“方向“を物理層において制御することで、盤石かつ堅牢なセキュリティを実現します。
 これにより、サイバー犯罪者にとって最大の標的になっている監視カメラシステムにおいて、監視カメラの映像配信を維持しながら外部からの攻撃通信を完全に遮断します。

・ネットワークカメラを一元管理する統合プラットフォームを搭載



 本プラットフォームは、モニタリング機能、カメラ登録管理機能、ログ表示機能、統計情報で構成され、ネットワークカメラを一元管理する統合プラットフォームとして機能します。
 これにより、ネットワークカメラの動作を常時モニタリングし、それぞれのカメラに関する警告を行ったり、トラフィック量(ビット/秒)の最低/平均/最大を統計情報として表示します。

ハードウェアスペック

・サイズ:19”half-sizeラックマウント
・パワーサプライ:12V DC/8アンペア
・2×RJ-45 Gigabit イーサネット CAT-7ポート
・フロントパネルのLED表示によりリアルタイムな状況把握が可能
・IPカメラの接続数20台、50台、100台をサポート(機種による)
・25/30fpsまでの動画ストリームに対応
・直接的な攻撃を受けた後のユニットの自己再生機能

お問い合わせ

製品パンフレット

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ