Aeropoint® GUI

動きのある、洗練されたGUIを、IoT端末や組込み機器で実現するUIミドルウェアです。スマートフォンやPC、ゲーム機などで使われている高度なGUIを、家電や産業機器などのグラフィックス能力が低い組込み機器でも可能にし、操作画面や監視画面の視認性の向上や操作性・操作感の向上に貢献します。

PowerPoint®上でUIパーツを配置をし、動き方や画面の遷移を設定します。Aeropointエクスポータによって、出力されたGUIのデータ(Aeropointファイル)を「Aeropointエンジン」が再生することで、高度なGUIを実現できます。

対応プラットフォーム :
組込み機器

UI開発をより簡単に

Aeropoint GUI はPowerPointを使用して、レイアウトや画面遷移などのGUIデザインを行います。画面にパーツを配置するだけで、動くコンテンツやタッチ入力に対応したGUIが制作できます。専門的なグラフィックスツールの操作経験がない方でも制作が可能で、GUI制作時間・制作コストの大幅な削減を実現します。
専門的な技術が必要で開発コストがかかる組込み機器のGUI開発の課題を解決し、スマートフォンのような表現力豊かなGUIを組込み機器で手軽に実現します。

「Aeropoint GUI」の特長

1. GUI の開発コストを大幅に削減

「タッチ制御」「画面遷移」「描画」などの一連のプログラムを「Aeropointエンジン」が担うことで、GUI用の開発コストが削減できます。また、UIパーツの配置や動き方などの設定をPowerPoint 上で行うため、専用ツールの学習コストも不要です。

2. 他モデルへの展開が容易

「Aeropoint GUI」の制作ツールからエクスポートされるGUIデータは、ハードウェアに非依存な共通フォーマットです。 「Aeropointエンジン」が機器の違いやOSの違いを吸収するため、他モデルへ展開する場合でも既存のデータが活用できます。

3. 複雑なGUIを簡単なAPIで制御

「Aeropoint GUI」の専用APIによって、機器制御ソフトから簡単な指示を出すだけで高度なGUIを制御できます。例えば、制御機器がONになった時に、自動的に明滅動作するようなUIパーツを作成できます。

動作要件

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ