会社情報

ニュースリリース

2021年5月11日

デジタル展示会プラットフォーム「CRI DXExpo」が「Super City/Smart City OSAKA 2021」に採用決定
~来場者に直接アプローチできる「呼びかけ機能」が新たに搭載~

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:押見正雄、証券コード:3698、以下「CRI」)が提供するデジタル展示会プラットフォーム「CRI DXExpo®(以下「CRI DXExpo」)」が、2021年7月8日から開催されるオンラインとリアルの連動型ハイブリッド展「Super City/Smart City OSAKA 2021~未来都市のスマート化 EXPO & カンファレンス~(主催:株式会社JTBコミュニケーションデザイン 以下「JCD」)」のデジタル展示会プラットフォームとして採用されたことをお知らせいたします。これにあわせて、出展社が来場者に対して積極的にメッセージを送ることができる新機能「呼びかけ機能」を「CRI DXExpo」に搭載いたします。

■オンラインとリアルの“ハイブリッド開催”に対応!
新機能「呼びかけ機能」で来場者に積極的にアプローチ可能!

ウィズコロナのニューノーマル時代において、最新技術や新製品の発表の場である各種イベントや展示会のデジタルトランスフォーメーションが進み、その形式も多様化しています。このような状況下で増加しているデジタル展示会では、実際の展示会のような新しい発見や偶然の出会いの場、ビジネスマッチングを実現する場としての役割がますます求められるようになってきています。
 こうしたニーズに対応する「CRI DXExpo」が、2021年7月に開催される「Super City/Smart City OSAKA 2021~未来都市のスマート化 EXPO & カンファレンス~(以下「SCSCO 2021」)」のデジタル展示会プラットフォームとして採用されることが決定いたしました。昨年11月の「ET & IoT Digital 2020」(一般社団法人組込みシステム技術協会主催)に続く2件目の採用となります。これにあわせて、新機能「呼びかけ機能」を搭載します。本機能は、従来は受け身だった出展社が来場登録者を検索して積極的にアプローチできる機能です。リアル展示会での呼び込みのように、ターゲティングしたリードや潜在顧客を自社ブースやセミナーにアグレッシブに誘導することができます。

<「SCSCO 2021」での採用理由>
「SCSCO 2021」は、「2025年 大阪・関西万博」を契機に、都市が抱える問題に対して国と自治体と民間事業者が一体となり、「スーパーシティ・スマートシティ構想」の実現を目指す展示会です。最先端技術のショーケースとなる"OSAKA"から未来の街づくりを発信します。開催形式としては、会期の前半にオンラインで、後半にリアル展示会として開催し、従来とは異なる“連動型ハイブリッド展”として実施します。オンライン開催は、オンラインのメリットを活用してリアル展示会ではなかなか出会えないような方々とのビジネスマッチングの接点の場の提供を目的としています。「CRI DXExpo」を採用することで、来場者にとってはリアル展示会のような新しい発見や偶然の出会い、出展社にとっては潜在顧客の獲得や分析の機会が増え、両者の出会いのチャンスがさらに増えることを期待しています。なかでも、CRI社の高度な動画技術による「スマートタイムライン®」動画は大変ユニークで、他の展示会プラットフォームには無い魅力でした。「SCSCO 2021」ではこれらを活用して、まるでSNSのような感覚で出展社と来場者の「偶然の出会い」を生み、双方にとって価値のあるビジネスマッチングのプロデュースを目指していきたいと考えます。
(JCD 事業共創部 トレードショー事業局 「SCSCO 2021」担当者)

■新機能「呼びかけ機能」について
出展社から要望が多かった、来場者に向けて積極的なアプローチができる新機能です。出展社は来場登録者を「社名/部署名/氏名」で検索して、メッセージを送ることができます。従来、出展社は来場者からのコンタクトを待つのみで手ごたえを感じにくかった点を改良し、ピンポイントで来場者にアプローチすることで、新たなビジネス機会の創出を後押しします。

「呼びかけ機能」イメージ

■「CRI DXExpo」について
CRIのWeb動画ソリューション「LiveAct® PRO」をベースに開発された「デジタル展示会プラットフォーム」です。独自の動画技術「スマートタイムライン」で視聴者の興味に合った動画コンテンツをページ上位に優先的に表示することができます。SNS感覚でタイムラインをスクロールするだけで、展示会を実際に歩いて回っているかのように各社ブースを気軽に訪問することが可能です。「スマートタイムライン」や高精度なビジネスマッチングを実現するデジタルアナリティクスにより、展示会の機能をオンライン上で時間と空間を超えて実現しています。
「CRI DXExpo」詳細:URL:https://www.cri-mw.co.jp/product/dxexpo/index.html

■「Super City/Smart City OSAKA 2021」の概要
「2025年 大阪・関西万博」を契機に、最先端技術のショーケースとなる“OSAKA”から、都市が抱える問題に対して国と自治体と民間事業者が一体となり開催される展示会です。最先端の技術を駆使した街づくりを目指す「スーパーシティ・スマートシティ構想」の実現を目指すことを目的としています。

イベント名 :Super City /Smart City OSAKA 2021
       ~未来都市のスマート化 EXPO & カンファレンス
開催日程  :オンライン開催:2021年7月8日(木)~9日(金)
       リアル展示会:2021年7月15日(木)~16日(金)
主催者   :株式会社JTBコミュニケーションデザイン
公式ページ :https://www.supercitysmartcity.com/

【株式会社JTBコミュニケーションデザイン(JCD)について】
所在地  : 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング 12階
代表者  : 代表取締役 社長執行役員 古野 浩樹
設立   : 1988年4月8日
事業内容 :「コミュニケーションデザイン事業」を事業ドメインとし、MICE、プロモーション、組織活性、人材育成、施設運営、エンタテインメント等のあらゆるコミュニケーション事業を展開する。
URL   : https://www.jtbcom.co.jp

【株式会社CRI・ミドルウェアについて】
「⾳と映像で社会を豊かに」を企業理念として、主に⾳声・映像関連の研究開発を⾏い、その成果をミドルウェア製品ブランド「CRIWARE®」として、ゲーム分野や組込み分野を中⼼にさまざまな分野に展開しています。CRIは、「CRIWARE」を通じて、ユーザビリティの向上、クオリティ向上のための技術やソリューションを提供し、開発者の皆様の課題解決をサポートするとともに、エンドユーザーのユーザビリティの向上をサポートしてまいります。
https://www.cri-mw.co.jp/


※CRI、CRIWAREロゴ、「CRIWARE」、「LiveAct」、「DXExpo」、「スマートタイムライン」は日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
※「DXExpo」技術は特許出願済です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社CRI・ミドルウェア 広報担当
E-mail:press@cri-mw.co.jp
URL:https://www.cri-mw.co.jp/

■製品に関するお問い合わせ先
株式会社CRI・ミドルウェア 営業担当 
Webフォーム(オンライン展示会向け)
お問い合わせフォーム

ページ上部へ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ