Aeropoint® GUI

「Aeropoint(エアロポイント)GUI」は、スマートフォンや PCのような洗練されたユーザーインターフェースを、組込み機器上で実現するミドルウェアです。CRIがゲーム業界で蓄積したノウハウを活用し、機器の性能を最大限に引き出すことで、自由なデザインと多彩なアニメーションを表現します。より使いやすく、動きのあるGUIを可能にします。



※この動画は高圧縮トランスコードシステム「CRI DietCoder」とブラウザ向け Web動画ミドルウェア「LiveAct PRO」を使っています。

対応プラットフォーム :
組込み機器

UI開発をより簡単に

Aeropoint GUI は、画面の構成や部品のレイアウトを PowerPoint® で行うことで、誰にでも GUI の制作を可能にします。専門的なグラフィックスツールの操作知識は不要です。専用エクスポータで出力したファイルを、組込み機器の Aeropoint エンジンで再生するだけで、画面の移り変わりやタッチ制御を実現します。
また、付属のビューアを使うと、PowerPoint® 上の「再生」ボタンをクリックするだけで、エクスポートから再生までできます。これにより、すぐに実機で動作確認ができます。

「Aeropoint GUI」の特長

1. PowerPoint® でデザイン

Aeropoint GUI を PC にインストールすると、PowerPoint® にアドオンが追加されます。GUIは、アドオンされた専用メニューと、 PowerPoint® の基本的な機能で制作します。専門的なグラフィックツールの操作知識は不要です。

(クリックで拡大します。)

 

2. GUI 開発がプログラムレスに

PowerPoint® 上の専用メニューで「再生」ボタンをクリックすると、すぐに実機で確認できます。
Aeropointエンジンは、「アニメーション」や「画面の移り変わり」などを自動的に行い、高度なGUIをプログラムレスで実現します。

3. 機器本来の性能を引き出す

Aeropoint エンジンは、ゲーム業界から導入した低負荷化や分散処理のノウハウを活用しています。
機器の性能を最大限に引き出すことで、自由なデザインや多彩なアニメーション、周辺機器とのスムーズな連携を実現します。

資料請求・お問い合わせ

開発環境

Aeropoint GUI の制作は、PC にインストールした「Aeropoint ツールキット」と、実機向けの「Aeropoint ランタイムSDK」を用います。

● Aeropoint ツールキット

「Aeropointツールキット」では、Aeropoint 専用メニューを提供する PowerPoint® アドインとマニュアル、サンプル、各種シミュレーター等を提供します。

● Aeropoint ランタイムSDK

「Aeropoint ランタイムSDK」は、Aeropoint エンジン、マニュアル、実機ビューアを提供します。

Aeropoint ランライムSDKの機能や性能は、各機種や OS ごとに異なります。
詳しくは Aeropoint サポートへお問い合わせください。

サンプルコード

コントロールのデザインや動きから独立したプログラミング作業

Aeropointエンジンを用いたプログラミング作業では、ツールキットで作成した GUI のデザイン、動きの違いによって、利用する関数やアルゴリズムを変更する必要はありません。
また、Aeropointファイルを差し替えるだけで、 GUIのデザインや動きを変更できます。
下の例では、 AeroSetMessage() 関数だけで、形状や動き方が異なる3つのコントロールを制御しています。

関連記事

製品パンフレット

関連製品

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ