会社情報

ニュースリリース

2002年10月29日

CRI・ミドルウェア、Windows向けPC用ミドルウェア「CRI ADX™」「CRI Sofdec™」を提供開始

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都港区、取締役COO:野沢隆)は、Windows向けPC用ミドルウェア「CRI ADX™」「CRI Sofdec™」の提供を開始致します。

「CRI ADX™」は、強力なマルチストリーム制御機構を備えたマルチストリームサウンドシステムです。従来、ディスク媒体からのサウンド再生は一度に一曲だけに限られていましたが、独自のバッファ管理技術を持つ「CRI ADX™」を使用することで、同時に複数のサウンド再生が可能となります。また、サウンドデータに限らず、グラフィックデータやプログラム自身など、さまざまなデータを並行にかつ独立・非同期に読み込むことが可能となります。

「CRI Sofdec™」は、ゲームに特化した高画質・高音質の動画再生システムです。PCの性能を最大限に引き出し、ムービー再生とゲームプレイとの融合を実現します。単純なムービー再生だけでなく、複数の動画ストリームを並行にかつ独立・非同期に再生する「マルチストリーム再生」や、複数の動画ストリームをあたかも1本のストリームのように継ぎ目なく再生する「シームレス再生」、また、「シームレス分岐再生」や「シームレスループ再生」も可能です。

  • マルチストリームサウンドシステム「CRI ADX™
  • ゲーム向け動画システム「CRI Sofdec™

これらのミドルウェア製品は、既に、NINTENDO GAMECUBE、PlayStation2、Xboxといった家庭用ゲーム機向けに提供されており、ワールドワイドで550タイトル以上ものゲームソフトに導入されております。ゲームパブリッシャー様・デベロッパー様からの強い要望により、今回、Windows向けミドルウェアの提供を開始することに致しました。全てのプラットフォームに対して共通のAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)をご用意しておりますので、既にいずれかのプラットフォームにて弊社ミドルウェアをご利用頂いている場合は、Windows向けミドルウェアに関してもスムーズな導入が可能となります。

この度のWindows向けミドルウェアの提供開始、及び、「TRIFORCE™」「Chihiro™」といった次世代業務用汎用CGボードを搭載したアーケードゲーム機向けミドルウェアの提供開始により、各種家庭用ゲーム機・アーケードゲーム機・ Windows搭載PCという、全方位プラットフォームに対して共通の開発環境が整備されることになります。これにより、ゲームパブリッシャー様・デベロッパー様の迅速かつ戦略的なタイトル展開をお手伝いするとともに、ソフトの開発効率の向上、大幅なコスト削減を実現致します。

なお、Windows向けミドルウェアは、現在、ゲームパブリッシャー様・デベロッパー様に限定してご提供しておりますが、近日、弊社ウェブサイト上にてフリーウェア版ミドルウェアのダウンロードサービスを開始致します。フリーウェア版は、ミドルウェアの評価/非商用目的に限り、無償でご利用頂けます。フリーウェア版の公開については、別途、ご案内差し上げます。

CRI・ミドルウェアは、多彩なミドルウェア製品群により、ソフトウェアパブリッシャーおよびデベロッパーの皆様がコンテンツの中身の創造・制作に専念して頂けるような環境の実現をお約束致します。

※ Microsoft Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、本ニュースリリース上に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ページ上部へ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ