会社情報

沿革

1983年

  • 独立系ITソリューションベンダーCSKのグループ企業「株式会社CSK総合研究所(略称CRI)」設立。
  • 人工知能や音声・映像技術、CD-ROMメディアの研究開発を行う。

1989年

  • FM-TOWNS(富士通より発売された、世界初のCD-ROMを標準搭載したパソコン)の開発にあたり技術協力を実施。また、FM-TOWNSのコアシステム「Towns GEAR」を開発。
  • CD-ROMメディアでの提供としては日本初となるソフト「アフターバーナーII(FM-TOWNS)」を発売。

アフターバーナー(FM-TOWNS)

アフターバーナーII
(FM-TOWNS)

1996年

  • 1990年代よりセガのプロジェクトに参画、マルチストリーム技術や音声圧縮技術の研究を本格化。
  • 家庭用ゲーム機「セガサターン™」向けにミドルウェアを提供開始(CRI ADX、CRI Sofdec、CRI Clipper等)。

セガサターン

セガサターン

ADX、Sofdecロゴ

ADX、Sofdecロゴ

1998年

  • 家庭用ゲーム機「Dreamcast®」向けにミドルウェアを提供開始。

Dreamcast

Dreamcast

2001年

  • 現「株式会社CRI・ミドルウェア」を設立。
  • ミドルウェアのマルチプラットフォーム化(市場多角化)を推進するためCSK・セガグループから独立。
  • 家庭用ゲーム機「PlayStation®2」「NINTENDO GAMECUBE®」「Xbox®」向けミドルウェアを提供開始。

PlayStation2

PlayStation2

NINTENDO GAMECUBE

NINTENDO GAMECUBE

Xbox

Xbox

2002年

  • オフィスを表参道に移転、米国オフィスをサンフランシスコに創設。
  • 各種業務用ゲーム機向け、およびPC(Windows)向けミドルウェアを提供開始。
  • 「TMPGEnc」シリーズ(株式会社ペガシス)にて「CRI Sofdec」テクノロジーが採用。

TMPGEnc

TMPGEnc

2003年

  • ミドルウェア製品群を、世界標準の立体音響システムである「ドルビーデジタル5.1ch」に対応。
  • CEDEC(CESA Developers Conference)への本格出展を開始。

ドルビーデジタル

ドルビーデジタル

CEDEC当社セミナー

CEDEC当社セミナー

2004年

  • ゲーム雑誌「gamedeveloper」にてオーディオ部門「FRONTLINE AWARD '04」を受賞。
  • 「Best of WPC Expo 2004(日経BP社)」にて、当社CRI Sofdecが「テクノロジー部門賞」を受賞。

WPC EXPO 2004 テクノロジー部門賞受賞

WPC EXPO 2004
テクノロジー部門賞受賞

2005年

  • 家庭用ゲーム機「PlayStation®3」「Xbox360™」向けミドルウェアを提供開始。
  • 携帯型ゲーム機「PSP®」向けミドルウェアを提供開始。
  • 当社ミドルウェア採用タイトル数が累計1,000作品を突破。

PlayStation3

PlayStation3

Xbox360

Xbox360

PSP

PSP

2006年

  • 家庭用ゲーム機「Wii®」向けミドルウェアを提供開始。
  • マルチコア搭載型ゲーム機向けの新製品「CRI Audio」を提供開始。
  • 米国子会社「CRI Middleware, Inc.」を設立。
  • 製品群の総称を示す新ブランド「CRIWARE」を立ち上げ。

Wii

Wii

CRI Middleware, Inc.

CRI Middleware, Inc.

CRIWAREブランドロゴ

CRIWAREブランドロゴ

2007年

  • 携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS®」向けミドルウェアの提供を本格化。
  • DS向けミドルウェア「救声主」「ファイルマジック」を提供開始。
  • フルHD映像キャプチャサービス「CRI-HVC」を開始。
  • Wii向け動画システム「シネマスタジオ」を提供開始。

ニンテンドーDS

ニンテンドーDS

2008年

  • 声質を変えずに再生速度をリアルタイムに制御できる技術「C-TST」を発表。
  • 「SpursEngineパートナーズ会」(東芝 セミコンダクター社)に参画。
  • ファイル圧縮&パッキングシステム「ファイルマジックPRO」を提供開始。
  • 「ACCESS™ Connect Ecosystem」(ACCESS)に参画。

2009年

  • iPhone/iPod touch向けサウンドミドルウェア「i救声主」を発表。
    スマートフォン事業に参入。
  • iPhone向けクラウド対応インアプリPRエンジン「CLOUDIA」を発表。
  • 本社オフィスを渋谷に移転。
  • CRIWARE採用タイトルが累計2,000作品を突破。
  • SpursEngine対応 高速H.264エンコーダ「SpursCoder」提供開始。

本社オフィスビル外観

本社オフィスビル外観

CRIWARE採用タイトル累計2,000突破

CRIWARE採用タイトル
累計2,000突破

2010年

  • 「CRI Elements Plug-in for TOSHIBA」を東芝dynabook Qosmio向けに提供。
  • 組込み機器向け音声ミドルウェア「CRI ADX7」を提供開始。
  • 「CRI ADX」を15年ぶりにメジャーバージョンアップし、オール・イン・ワン型オーディオソリューション「CRI ADX2」として提供開始。
  • 「CRI Sofdec」のメジャーバージョンアップ版「CRI Sofdec2」を提供開始。

CRI ADX2ロゴ

CRI ADX2ロゴ

CRI Sofdec2ロゴ

CRI Sofdec2ロゴ

2011年

  • 携帯型ゲーム機「PlayStation®Vita」向けミドルウェアを提供開始。
  • 組込みマイコン向けサウンド/ムービーミドルウェア「D-Amp Driver」「かるイイ音」「かるエエ像」を提供開始。
  • スマートデバイス向け営業プレゼンテーションシステム「MR2GO - DMV powered by CLOUDIA」をCSK(現SCSK)と共同開発。製薬業界向けに提供開始。ゲーム業界のノウハウをエンタープライズに初導入。
  • 当社設立から、満10年を迎える。
  • 「CRI ADX2」がCEDEC AWARDS2011サウンド部門で最優秀賞を受賞。
  • 「D-Amp Driver」がET AWARD2011ソフトウェア分野で優秀賞を受賞。

組込みマイコン向けにミドルウェアを展開

組込みマイコン向けに
ミドルウェアを展開

CEDEC AWARDS 2011サウンド部門最優秀賞受賞

CEDEC AWARDS 2011
サウンド部門最優秀賞受賞

ET AWARD2011ソフトウェア分野優秀賞受賞

ET AWARD2011
ソフトウェア分野優秀賞受賞

2012年

  • オリンパス製マルチトラック対応レコーダー「LS-100」にリアルタイム音声処理技術などのサウンド技術を提供。
  • CRIWAREをゲームエンジンUnityに対応。
  • 家庭用ゲーム機「Wii U™」向けミドルウェアを提供開始。
  • 専門学校(バンタンゲームアカデミー)の授業に「CRI ADX2」を提供。プロ向けツール提供で実践型人材育成を支援。

ゲームエンジンUnityに対応

ゲームエンジン
Unityに対応

オリンパス製レコーダー「LS-100」

オリンパス製レコーダー
「LS-100」

バンタンゲームアカデミー授業風景

バンタンゲームアカデミー
授業風景

2013年

  • インディーズ向けに無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」を提供開始
  • 家庭用ゲーム機「PlayStation®4」向けミドルウェアを提供開始。
  • 代表取締役社長に押見正雄が就任。新体制がスタート。
  • CRIWAREをゲームエンジンCocos2d-x、Unreal Engine 4に対応。

CRI ADX2 LE ロゴ

CRI ADX2 LE ロゴ

ゲームエンジンCocos2d-xに対応

ゲームエンジン
Cocos2d-xに対応

ゲームエンジンUnreal Engine 4に対応

ゲームエンジン
Unreal Engine 4に対応

2014年

  • CRIWARE、ゲーム史上最高制作費の超大作「Destiny」に採用。
  • 2014年11月27日 東京証券取引所マザーズ市場に上場。

「Destiny」に採用

「Destiny」に採用

東京証券取引所マザーズ市場に上場

東京証券取引所マザーズ市場に上場

2015年

  • CRIWARE採用タイトルが累計3,000作品を突破。
  • 慶應義塾大学医学部の「在宅医療支援システム」構築プロジェクトに参画。
  • 提携企業がCRIWAREを紹介する「CRIWARE アンバサダー・プログラム」をスタート。
  • 超高速・高精度 楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ」を提供開始。
  • Shanghai Oriental Pearl Media(中国におけるPS4およびXbox Oneの唯一の提供事業者)と、中国のゲーム開発ミドルウェアに関する戦略的提携を発表。

CRIWARE採用タイトル 累計3,000突破

CRIWARE採用タイトル
累計3,000突破

BEATWIZ

BEATWIZ

2016年

  • 動画サイズを1/2に圧縮する、高圧縮トランスコードシステム「CRI DietCoder」を提供開始。
  • 世界最大のゲーム開発者向けイベント「Game Developers Conference 2016」に出展。
  • 慶應義塾大学医学部と「在宅医療支援システム構築プロジェクト」に関わる「治療方針決定支援システム」の特許を取得。
  • バンダイナムコエンターテインメントがオープンするVRエンターテインメント研究施設のVRアクティビティに、「CRI ADX2」が採用。
  • 米国イマージョンコーポレーションと技術提携し、新たに触覚技術(ハプティック)に対応。
  • 2D/3Dグラフィックスミドルウェア「アクロアーツ」の事業を、セガゲームスより移管。
  • スマートフォンゲーム向け触覚ミドルウェア「CRI HAPTIX Android版」の提供を開始。
  • スクウェア・エニックスと、CRIWAREの使用に関する包括ライセンス契約を締結。
  • 音声ミドルウェア「かるイイ音」がシャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」に採用。
  • 中国ゲーム市場向けミドルウェア事業強化で、中国のVanguard Soundと提携。
  • ブラウザ向けWEB動画ミドルウェア「LiveAct PRO」を提供開始。
  • ブラウザゲーム開発向けミドルウェア「CRI ADX2 for ブラウザ」の提供を開始。
  • UEIソリューションズとVR向け技術で提携し、高画質実写VR動画ソリューションパッケージ「VRider plus Powered by CRIWARE」を提供開始。
  • ファインデックスと医療動画管理分野で提携し、医療動画を1/2に圧縮できる画像ファイリングシステムの提供を開始。

CRI DietCoder

CRI DietCoder

LiveAct PRO

LiveAct PRO

2017年

  • 日立ハイテクとスマートファクトリー向けIoTインフラ構築で提携。
  • ブザーを音声ガイドに変える音声ミドルウェア「ピエゾD-Amp Driver」が、矢崎エナジーシステムのガス警報器に採用。
  • 車載組込み用サウンドミドルウェア「CRI ADX Automotive」を提供開始。
  • 日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」にて、PlayStation®VR専用アプリ「DMM.com」、および「ウイニングイレブン」の開発事例を公開。
  • 「CRI HAPTIX」がiOS/Androidの両OSに対応。
  • CRIWARE採用タイトルが累計4,000作品を突破。
  • クリエイティブUIミドルウェア「Aeropoint GUI」を提供開始。
  • パイオニア、およびスウェーデンのDirac Research ABと業務提携。

CRI ADX Automotive

CRI ADX Automotive

Aeropoint GUI

Aeropoint GUI

2018年

  • 音楽・音響制作向けエフェクトプラグイン「McDSP」を、「CRI ADX2」のオプション機能として販売開始。
  • 「LiveAct PRO」が、トヨタ自動車が運営する中古車(U-Car)情報サイト“GAZOO.com”に採用。
  • ウェブテクノロジの全株式を取得し子会社化。
  • デジタルサイネージのクリエイティブ(広告)制作向けミドルウェア「Aeropoint Signage」の提供を開始。
  • 重要インフラレベルのセキュリティをIoTデバイス向けに実現する世界初のソリューション「Vsecure™」(CRI DietCoder搭載)をリリース。資本業務提携先であるイスラエルのTerafenceより北米市場へ出荷開始。

ウェブテクノロジ

ウェブテクノロジ

Aeropoint Signage

Aeropoint Signage

2019年

  • 子会社ウェブテクノロジが、「SmartJPEG for Photoshop」の販売を開始。
  • パイオニア、スウェーデンのDirac Research ABと共同で開発した音響補正アプリケーション“Dirac Audio by CRI for Fujitsu”が、富士通パソコン「FMV」のデスクトップモデルに採用。
  • Googleが提供する新世代ゲームプラットフォーム「Stadia」向けにミドルウェアを提供開始。

※上記の情報は、2019年3月現在のものです。

ページ上部へ
ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ