ニュース

ニュースリリース

CRI、モビリティ分野向けWeb ページをオープン 採⽤数6500 超の「CRIWARE」をモビリティに本格展開 ~ゲームで培ってきた技術力と強固なビジネスネットワークで新しい価値と体験を提案~

 株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:押見正雄、東証グロース:証券コード3698、以下「CRI」)は、CRIのコーポレートサイト内に、ゲームでの採用ライセンス数が6500を超える音声・映像の技術ブランド「CRIWARE®(シーアールアイウェア)」のモビリティ向けWebページをオープンしました。今後、モビリティ分野でのさらなる事業拡大をめざし、ゲームに培ってきた技術力と強固なビジネスネットワークで、モビリティ向けに新しい価値と体験を提案してまいります。

■採用ライセンス数6500を超える「CRIWARE」 ゲーム業界のビジネスネットワークを活かしモビリティ分野で事業拡大めざす

 CRIでは約5年前からモビリティ向けのミドルウェアの開発・提供を行っており、すでにCRIWAREを搭載した自動車が世界各地に出荷されています。四輪車用メータークラスターやETC/DSRC車載機などすでに量産されている製品にも採用されていることに加えて、新規の案件の採用により現在複数のプロジェクトが進行中のため、今後もライセンス売上の増加を見込んでいます。また、オンラインコミュニケーションプラットフォーム「CRI TeleXus™(テレクサス)」のモビリティ向け展開や、グラフィックス関連の開発も進行中です。

 こうしたなか、さらなるモビリティ分野での事業拡大とCRIWAREブランドの確立を目指して、コーポレートサイト内に「CRIWARE® for Mobility」としてモビリティ向けの情報を集約したWebページをオープンいたしました。CRIが展開するブランド「CRIWARE」のゲームにおける採用ライセンス数は6500を突破(2021年12月末現在)しており、多くのお客様から信頼していただいております。このゲーム向けに培ってきた音声・映像の技術力と、ゲーム業界の500社を超えるビジネスネットワークで、モビリティ分野に新しい価値と体験を提供してまいります。
https://www.cri-mw.co.jp/business/product/automobile/criwareformobility/

■自動車技術会に賛助会員として参加、「人とくるまのテクノロジー展」への出展も予定

 CRIのモビリティ分野への展開として、製品の採用だけでなく、自動車技術の展示会への出展なども積極的に行ってまいります。それに先立って、2022年4月1日(金)に、公益社団法人 自動車技術会に賛助会員として入会いたしました。また、2022年5月25日(水)~5月27日(金)に神奈川・パシフィコ横浜で開催される自動車技術者のための国内最大の技術展「人とくるまのテクノロジー展」に出展いたします。本展示会の展示内容の詳細につきましては、下記にて発表している通りです。
https://www.cri-mw.co.jp/news/newsrelease/6885/

【株式会社CRI・ミドルウェアについて】
「音と映像で社会を豊かに」を企業理念として、主に音声・映像関連の研究開発を⾏い、その成果をミドルウェア製品ブランド「CRIWARE」として、ゲーム分野や組込み分野を中心にさまざまな分野に展開しています。CRIは、「CRIWARE」を通じて、ユーザビリティの向上、クオリティ向上のための技術やソリューションを提供し、開発者の皆様の課題解決をサポートするとともに、エンドユーザーのユーザビリティの向上をサポートしてまいります。

※「CRI」、「CRIWARE」、CRIWAREロゴは、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

■本リリースに関するお問い合わせ先
 株式会社CRI・ミドルウェア 広報担当
 Webフォーム(広報問い合わせ):https://www.cri-mw.co.jp/contact/
 URL:https://www.cri-mw.co.jp/