製品情報

導入事例

デッドライジング ゾンビのいけにえ イメージ画像

ムービーの総尺は120分!Xbox360からリメイクで蘇ったWii『デッドライジング ゾンビのいけにえ』開発秘話

プラットフォーム

Wii

導入製品

CRI Sofdec

2009年3月6日インタビュー
前のページ 1 2 3

参加者プロフィール

カプコン

中井 実 氏(プロデューサー)

本作のプロデューサーとディレクターを兼任する。過去作には『バイオハザード Deadly Silence』『バイオハザード4 Wii edition』『鬼武者3』など

トーセ

三宅 孝佳 氏(メインプランナー)

メインプランナー。現場を仕切りながら、キャラクター周りも担当

谷口 岳史 氏(マネジメント)

現場のマネジメントを担当。カプコンとの橋渡しをしながら、さまざまな調
整を行う。

野北 祥生 氏(ディレクション)

シナリオやミッションを中心に現場のディレクションを担当

後藤 崇史 氏(プログラマー)

プログラムや作業のスケジュール管理をはじめ、ムービーのエンコード作業
なども行う。

西倉 智紀 氏(プログラマー)

メインプログラマとして主にシステム周りを担当

坂井 原太郎 氏(デザイナー)

デザイン面のディレクションを担当

■いかにして『デッドライジング』はWii に最適化されたか

———最初にお聞きしたいのは、『デッドライジング』をWii でリメイクするというアイデアはどこから来たのかということです。発表を聞いて驚いた記憶があります

中井: 実は『デッドライジング ゾンビのいけにえ』の前に『バイオハザード4 Wii edition』を担当していました。ゲームキューブとPS2 からの移植+αだったのですが、Wiiリモコンとヌンチャクを使った操作がユーザーさんからとても好評で、このシステムを使ってもう一本作りたいと思ったんです。その題材として『デッドライジング』を使おうというのが出発点です。

Xbox360 からWii にプラットフォームを移すということで、多分それを聞いたトーセの皆さんも驚愕したと思いますが、社内で企画を通すのも一苦労でした(笑)。まさかそんな事は無理だろうと全員が考えたのではないかと思いますが、そのままの移植ではなくてリメイクで、これをこうすればちゃんと作れるというのはアイデアとして最初から自分の頭の中にありました。

カプコン・中井氏

カプコン・中井氏

2008年の1月か2月頃だったと思いますが、トーセさんに試作をしてもらって一応は動くものが出来たので、これを高めていけばゲームとしてきちんと成立すると確信しました。私は良い意味で楽観的なんです(笑)。

———これならいけるというアイデアはどういう部分だったのですか?

中井: まずはガンシューティングをメインに置くということでした。Xbox360 版(以下: 前作)でもガンは使えますが、メインではありませんでした。それを『バイオハザード4 Wii edition』のシステムを使って、Wii の快適な操作スタイルで楽しめるようにする。落ちているさまざまなアイテムでゾンビを攻撃できるのは変わりませんが、Wiiリモコンの楽しい操作で遊べるようにアイデアを入れていきました。

———アクション性が強くなったイメージですね

中井: よりアクションゲームの要素が高まったと思います。前作のゾンビの定義は害虫のような存在でした。沢山いるけど、気にしなければしなくてもいいし、気持ち悪いなら片づけて下さいという存在です。本気でやられるようなことはないけど、油断したら噛みつかれるかも、というくらいです。今回のゾンビはまさにゾンビで、楽しくショッピングモールをうろついていたら本気で襲い掛かってくる存在です。いつものカプコンらしいアクションゲームを念頭に組み立てました。『バイオハザード』もそうですが、私が以前担当した『鬼武者』のエッセンスも入っていると思います。

———ゲームの進め方も前作とは大きく変わりましたね

中井: 前作は自由度が非常に高くて、その中で次々に指令を与えられるという形でした。もちろんそれが面白いのですが、結構難しいという印象があって、ライトなユーザーにも受け入れられるようにシステムを組み直したいという思いがありました。それでミッションを順に追うような形に変えました。展開も前作とは変えていて、序盤はステージがパラダイスプラザのみに限定されていたり、より遊びやすいゲームになったと思います。

———Xbox360 からWii に移ることでターゲット層は意識されましたか?

中井: 本来『デッドライジング』が目指した層とWii のユーザー層はかぶらないと思いますが、一方でWii でも『バイオハザード4』や『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』は売れていて、Wii でちゃんとゲームをしたいという人も少なからずいると考えています。

もちろんライト層にも遊んでいただきたいという意識もありました。Z 指定(18 歳以上のみ対象)で血みどろの表現をバンバンやりたいわけではなくて、何とか表現を抑えながら…。とは言えそれでもCERO D(17 歳以上対象)がC(15 歳以上対象)になるわけもなくて(苦笑)。

カップルでホラー映画を観るような感覚でポップコーンでも食べながら楽しんで欲しいなあと思って作りました。

———サブタイトルも「ゾンビのいけにえ」と、非常にキャッチーなものになりましたね

日本版と北米版

日本版と北米版

中井: リメイクということを示すためにサブタイトルを付けたいというのがあって、「ゾンビのホラーゲーム」と分かる典型的なものを考えました。少し昔のゾンビ映画のテイストで「~のいけにえ」や「~のしたたり」というようなものにすれば一目瞭然で伝わるんじゃないかということで「ゾンビのいけにえ」というストレートなサブタイトルになりました。

中井: 海外版は「Chop Till You Drop」というサブタイトルで、これは前作の海外でのキャッチコピーでもありました。「切って切って切りまくれ」というようなノリの言葉で、海外の人が聞くと笑ってしまうみたいです(笑)。

■ゾンビが30体しか出なくて・・・

前のページ 1 2 3
ページ上部へ

最新採用タイトル

ブラッククローバー カルテットナイツ

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch

薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch

僕のヒーローアカデミア One's Justice

僕のヒーローアカデミア One's Justice

イベント・セミナー

最新導入事例

ニュースリリース

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ