製品情報

導入事例

テクモ株式会社インタビュー イメージ画像

テクモ株式会社インタビュー
『DOA』は娘のような存在。
信頼できるミドルウェア以外は使用しない。

プラットフォーム

Xbox

導入製品

CRI ADX / CRI Sofdec / CRI Movie Encode

2003年5月29日インタビュー
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

参加者プロフィール

テクモ株式会社

板垣 伴信 氏(執行役員/Team NINJA リーダー)

『DOA』シリーズを手がける世界的に著名なゲームクリエイター。現在はXbox向け第3段タイトルとなる『NINJA GAIDEN』を開発中。

株式会社CRI・ミドルウェア

松下 操(部長)

SofdecやADXの開発初期から主要メンバーとして開発に参加。現在は主に動画コーデックとエンコードを担当。

その技術力と開発力の高さから、全世界から注目を集めているテクモ最強の開発集団「Team NINJA」。そのTeam NINJAを統括するリーダーこそ、板垣伴信氏である。つねに最先端の技術と圧倒的なクオリティで世の中をアッと言わせてきた板垣氏。

今回、そのこだわりのモノづくりの詳細に迫るとともに、「自分の娘のような存在」と断言するTeam NINJAの代表作、『DEAD OR ALIVE』シリーズを影で支えたCRIミドルウェアについて、同氏に直接、聞いてみた。

インタビュー目次

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページ上部へ

最新採用タイトル

ワンド オブ フォーチュン R2 FD ~君に捧げるエピローグ~

ブレイドスマッシュ

ブレイドスマッシュ

ファンタジーアース ジェネシス

ファンタジーアース ジェネシス

イベント・セミナー

2018年10月14日(日)

UNREAL FEST EAST 2018

2018年10月10日(水)~12日(金)

サイバーセキュリティワールド2018 (RISCON TOKYO特別併催企画)

2018年9月20日(木)~21日(金)

東京ゲームショウ2018

2018年8月22日(水)~8月24日(金)

CEDEC 2018

最新導入事例

ニュースリリース

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ