製品情報

導入事例

ブリッジインタビュー イメージ画像

ブリッジインタビュー
ムービーシーン以外でSofdecを多用した『少女義経伝』。新技術「αムービー」で実現された新たな表現技法とは?

プラットフォーム

PlayStation2

導入製品

CRI ADX / CRI Sofdec

2003年6月17日インタビュー
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

参加者プロフィール

ブリッジ

川村 真也 氏(代表取締役)

各種タイトル開発のプロジェクト統括責任者でありながら、実はムービー制作クリエイターとしての顔もあわせ持つ。タイトル発表会ではそのゲームの魅力やウリについて自ら熱弁を振るう情熱家。

山下 哲生 氏(技術主任)

ブリッジ開発タイトルのプログラム責任者。ADXやSofdecとのお付き合いはセガサターンやドリームキャスト時代から。αムービーなど、CRIミドルウェアの最新機能の導入にも意欲的。

株式会社CRI・ミドルウェア

押見 正雄(取締役CTO)

SofdecやADXの開発初期から主要メンバーとして開発に参加。現在は全ミドルウェアの開発をトータルに統括する。

櫻井 敦史(Sofdec担当)

αムービーやZムービーなど、Sofdecの拡張機能や新技術開発の中核メンバー。Sofdec採用タイトルは全て自費で購入する、という漢気溢れる一面も。

キャラクターを活かした良質なシミュレーションゲームやアドベンチャーゲームを数多く開発する有限会社ブリッジ。そのタイトルの企画・開発力とプロモーション展開を見据えたメディア戦略は業界でも定評がある。

「納期厳守、納期を遅らせたことは一度もない」という、同社の実績を支える徹底的に管理された開発体制のなかで、ミドルウェアが果たした役割とは? また、どこよりも早くSofdecの新機能「αムービー」を実際のゲームタイトルに導入した経緯とは?

インタビュー目次

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ページ上部へ

最新採用タイトル

ブラッククローバー カルテットナイツ

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch

薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch

僕のヒーローアカデミア One's Justice

僕のヒーローアカデミア One's Justice

イベント・セミナー

最新導入事例

ニュースリリース

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって 情報セキュリティ基本方針 個人情報保護方針 サイトマップ